2009年11月12日

子宮膿症の疑い

私の実家で暮らしているヨークシャーテリアのメグちゃんが、火曜日から突然
具合が悪くなり、昨日お医者様に診ていただいたところ、子宮膿症の疑いがあると診断されました

メグちゃんは現在11歳
避妊手術はしていません

その他の持病などは全くなく、今までの11年間は毎年のワクチン以外は医者いらずな生活でした

火曜日からご飯を食べようとせず、水は飲み、おしっこなどはしていましたが、もともと2.4kgほどしかないため、体力の低下が心配です
柿や、その他のメグちゃんが喜びそうな物を口元に持っていっても食べてくれないんです

今日もう一度掛かりつけの病院で診ていただきますが、いざとなったら、近所では有名な病院があり、そこにいこうかとも思っています


私が素人ながらネットで調べた感じでは、子宮膿粧だったとしたら、手術でとり除けばよくなり、入院期間も2〜3日ですんでいる様子でした
しかし、めぐちゃんは11歳と高齢ですし、手術・入院となればその他に麻酔のことや、メグの精神的なことなど色々なことで心配も増えます


普段私のだらだらとしたブログを見に来てくださり、コメントまでしていただいていながら、私からは何もお役に立てていないような状態で、さらに皆さんに情報を求めており、とても心苦しいのですが、

何でも良いので、
いい病院
これを食べさせたら食べた
手術のリスクと有効性

など、教えていただけませんでしょうか

実家には母と父と兄で暮らしており、母は免許がないため、病院に連れて行くのも父が会社を休んで連れて行っているような状況です
近くに暮らしてはいるものの、私自身も会社があり、何もしてあげれていないのが現状です
せめて、ブログを通して、広い世界に情報を発信してみて、皆さんの体験談など聞かせていただけたらと思っております

よろしくおねがいいたします

ニックネーム クライフママ at 08:42| Comment(7) | TrackBack(0) | メグちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご心配なお気持ち分かります!
11歳と高齢ですが他に病気がなく元気であり手術で完治出来るなら私だったら手術を選ぶと思います。(あくまでも私の考えです!)
信頼出来て腕の良い獣医さん見つかると良いですね〜◎
よく相談して結論が出せればと思います!
あっ横浜ならえりさんのメイちゃんが通ってる病院が有名だとか!
不安で心配ですがご家族で話し合ってめぐちゃんの最善の道を選んであげて下さい◎
Posted by mojeca at 2009年11月12日 09:01
ご不安なお気持ちお察しします。
シニアちゃんの病気のことは残念ながら、知識がありませんので、何もお役にたつ情報はお伝えできないのですが・・
ご家族が信頼を寄せられる獣医さんのもとで、
ご家族が納得した選択肢をもって、
臨むのが最良の選択だと思っています。
私もひめの病気では究極の選択を迫られましたが、やっぱりご家族が最もメグちゃんにとって最善の選択ができるはずだと思いますから・・その結論が早く出ることを願っています。
がんばってください!

Posted by himemama at 2009年11月12日 14:07
11歳でも、持病なしなら、悪化しないうちに手術をした方が良いと思います。
かかりつけの近所のお医者さんの意見を聞いて、ご心配なら、みなとよこはま病院へ。
15歳のコでも手術をしたのを聞いていますから〜

もし、その病気だけだったら、通院も短いと
思います。
クライフママさんのご近所の方が、タクシーで通院していますよ〜
どうぞ、お大事になさって下さいね。


Posted by えり at 2009年11月12日 20:47
mojecaさんへ
記事投稿後すぐコメントしていただきまして、ありがとうございました
結果的には、私が迷うまでもなく、手術がきまり、今頃は病院で点滴をしているころだと思います
手術が終わり、麻酔からさめるまでは安心はできませんが、病名が判明し、治療ができることが救いと思って、何とか乗り切りたいと思います
Posted by クライフママ at 2009年11月12日 22:31
himemamaさんへ
メグに温かい応援メッセージありがとうございました
ヒメちゃんも持病を抱えながら頑張っていらっしゃるのに、我が家のメグちゃんまで気にかけてくださり、本当にうれしかったです
幸い、病名も判明し、手術しか選択肢はなかったようですし、かかりつけの病院もとても感じのよい、評判の良い病院でしたので、安心してお任せすることができています
明日、無事に終わったら、またご報告させていただきます
Posted by クライフママ at 2009年11月12日 22:36
えりさんへ
メグにメッセージくださりありがとうございました
私も、えりさんが絶大の信頼を寄せている
みなと横浜病院は、最後の砦のように考えていました
実家の母も同じ意見でいたようで、難しい手術や、迷うような事態になった時は、セカンドオピニオンにそこにお世話になろうかと思っていました
幸い、子宮蓄膿症はそれほど難しい手術ではないようですし、麻酔の心配はあるものの、何とか乗り切っていきたいと思います
また明日、ご報告いたします
心配していただきありがとうございました
Posted by クライフママ at 2009年11月12日 22:42
わさみんに読ませるべきだったなw はタニタ食堂レシピ本読め
Posted by 中田ヤスタカ 彼女 at 2013年07月07日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1891159

この記事へのトラックバック